プロミス 審査

プロミス審査専用窓口

パート勤務の方のプロミスの審査について

プロミスのキャッシングサービスの利用は、アルバイトやサラリーマンの方だけでなく、主婦の方の利用も可能になります。

 

主婦やフリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

 

ここで、現金収入のない主婦の方の申込みは、プロミスではできないことになっていますが、週に何回かでも「パート」に出ている方は、問題なく申込みができます。

 

パート勤務の方のプロミスの審査の注意点は、希望する利用限度額と、自分の年収を比較して、多くなりすぎないように注意する必要があります。

 

2010年6月の改正貸金業法の施行により、「年収の3分の1以上の貸付けが禁止」されていますので、その範囲内での申し込みをするのがポイントとなります。

 

たとえば、パートで月に5万円の収入がある方の場合では、年収が60万円ということになりますので、

 

60万円÷3=20万円

 

までの、利用限度額が設定されることになります。

 

仮に、20万円をキャッシングした場合、最長の3年間かけて返済する場合は、毎月8,000円程度の返済額となります。

 

申込みが完了したら、自分の収入から月々の返済額を支払った状態で、生活は大丈夫か?ということも検討しながら利用することが重要になります。

 

必要であれば、パートに出る回数を増やすなどの工夫をして、上手に活用するようにしてください。

プロミスの申込みに担保や保証人は必要か?

どうしてもお金が必要なときに、プロミスなどのキャッシングは、非常に役立つサービスとなっています。

 

サービスの特徴としては、申込時の審査により「利用限度額」が設定され、その限度額の範囲内なら、いつでも・いくらでもお金を借りることができるようになります。

 

例えば、利用限度額が100万円に設定された場合、10日間、毎日10万円ずつ借りることもできますし、一度に100万円まとめてキャッシングすることもできます。

 

しかし、このようなキャッシングサービスを提供する企業の中には、契約時に「担保」や「保証人」を付けるように求められることがあります。

 

担保は、住宅や土地などの不動産や自動車などのことで、返済が遅れたときに競売にかけられてしまったりすることがあります。

 

また、保証人は、本人が返済できないときに代わりに返済する人のことで、友人や親類などに頼むケースもあるようです。

 

しかし、プロミスの場合は、担保や保証人を必要とせず、自分だけの名義で契約できますので、非常に安心できるものとなっています。

 

そのため、万一、事故や病気などのアクシデントがあった場合でも、家族に迷惑をかける心配もしなくて済みます。

 

もちろん、プロミスの申込みも家族に内緒でしている方もいますので、気軽に申込んでみるのも良いですね。

 

プロミスの審査・お申込みはこちらから!>>

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ